伊豆を旅する

日本固有の自然崇拝をしてきた伝統文化は、大自然と共に育んできました。大自然の海や山に寄り添う神社仏閣は、その地を敬い祀る為に建てられました。そして、日本人の旅の始まりは「お伊勢参り」だと言われています。

全国に点在する三嶋神社の総本社である三嶋大社もあり、熱海には有名な来宮神社や伊豆山神社もあります。山や滝で修業をした修験道が祈願をするための神社仏閣も多く見かけ、樹齢1000年を超える御神木を祀ってある神社仏閣 も少なくありません。神社仏閣を参拝するだけでも、日本の伝統文化を感じる事が出来ます。

(三嶋大社桜ライトアップ・来宮神社大楠・白浜神社御来光)

イベント情報で紹介している花火大会や祭事は「祀る」が「祭り」になって、五穀豊穣や疫病退散、子孫繁栄などを祈願した神社仏閣の祭事が脈々と受け継がれています。

伊豆観光情報では、旅のテーマとなる様な整備された施設や公園なども紹介しています。日本の歴史や文化を感じる事が出来る神社仏閣から、動物園や博物館、アトラクションなどの観光施設。思い出を形に残す土産物屋さんや、風情ある街並みなども案内しています。

伊豆観光情報では「観光」カテゴリを5つに分類しています。

  • 「神社仏閣」▶伊豆各地にある由緒正しい神社や仏閣を紹介
  • 「施設」▶動物園や博物館、美術館やアトラクションなどの観光施設を紹介
  • 「公園」▶足湯や花なども鑑賞できる公園を紹介
  • 「土産」▶伊豆各地の郷土品や食材なども買える土産物屋を紹介
  • 「散策」▶街並みや整備されたコースを紹介
伊豆の修禅寺
修禅寺

江戸時代から甦れ
伊豆八十八ヶ所霊場

あまり知られていませんが、江戸時代には伊豆半島で巡礼が盛んに行われてきました。

世界各地にある聖地巡礼ですが、日本では「札所」と呼ばれる寺院を参拝して巡る文化が数百年前から脈々と受け継がれています。日本で江戸時代からある由緒正しい巡礼地は「四国」と「知多」と「伊豆」にあります。

バスでも自家用車でも巡礼できる、伊豆半島を一周する440kmの壮大なスケールの巡礼地です。終戦後に一度は消えかかった灯が、今、江戸時代から甦ろうとしています。

特設サイトもあるので、ぜひ、お楽しみください。

《まっぷる伊豆》

まっぷる伊豆でも紹介して頂きました!

Amazonでのご購入はこちらから。

まっぷる伊豆
まっぷる伊豆