旅宿で伊豆を満喫

日本屈指の温泉旅館が立ち並ぶ伊豆半島。

都会のホテルと違い、伊豆半島の旅宿は和室が多く、浴衣を着て部屋で寛いだり、季節の山々を散策したり、温泉や景色を眺める露天風呂も楽しめます。旅宿によっては、夕食に旬の食材や地場産品で、こだわりの料理も楽しむ事が出来ます。

静岡県は2020年の集計で、温泉施設数が2021軒で日本一ですが、その多くが伊豆半島にあります。互いに切磋琢磨する事で、多くのお客様に喜ばれているので、 各施設の口コミも軒並み高いのも特徴です。 観光雑誌や観光WEBサイトでも、熱海温泉や伊東温泉は常に上位に顔を出しています。

伊豆半島を大きく分けると、朝日が綺麗な東海岸と、夕日が綺麗な西海岸となりますが、交通の便が良い東海岸より、不便な西海岸の方が宿泊費は割安に感じますし、南に行けば行くほど大自然が残っています。

高級旅館ばかりではなく、ちいさな民宿でも温泉が楽しめる施設もありますし、漁師が営んでいる民宿では、超新鮮な魚介を頂く事も出来ます。温泉が無い施設もありますが、絶景を楽しめる露天風呂があったり、こだわりの食材で料理を提供している施設も少なくありません。

日本の歴史と文化が残る街並みを散策し、大自然や大海原を眺めながら湯舟に浸かり、新鮮な海鮮料理で舌鼓。これが伊豆半島の醍醐味です!

伊豆観光情報では「旅宿」カテゴリを5つに分類しています。

  • 「旅館」▶基本は1泊2食のサービスをしている宿泊施設
  • 「ホテル」▶基本は夕食が無く、宿泊と朝食のサービスが基本の宿泊施設
  • 「コテージ」▶戸建で貸し切りスタイルの施設
  • 「ゲストハウス」▶相部屋や共有部分もあり、安価で宿泊できる施設
  • 「民宿」▶家族的な雰囲気で、素泊まりなども対応できる小さな施設