下田開国博物館(Shimoda History Museum)

下田開国博物館(Shimoda History Museum)

下田は古くから風待ち港として栄えてきましたが、嘉永7年3月(1854年4月)アメリカのペリー提督率いる黒船艦隊来航によりわが国最初の開港場となりました。

ペリーが去るとロシアの使節プチャーチンが訪れ、北方の国境画定を含む日露和親条約を結びました。

翌年にはアメリカ総領事タウンゼント・ハリスによるアメリカ領事館の開設があり、イギリス、フランス、オランダ等の船も下田港に姿をみせました。

日米修好通商条約の締結により開港場の役割は横浜、神戸などに移りましたが、ペリー来航から明治維新まで僅か15年、その最初の数年間、下田は日本が世界に飛び出す役割を果たした地でした。

下田開国博物館は、日本開国に係る約2000点の資料・遺品の中から約1000点を入れ替え展示しています。

日本のみならず、海外の観光客も楽しめると思います。

ミシェラン・グリーンガイド(Michelin Green Guide)で、星2つ(★★)を獲得している観光施設です。

下田開国博物館(Shimoda History Museum)
下田開国博物館(Shimoda History Museum)

伊豆観光情報

名称下田開国博物館(Shimoda History Museum)
郵便番号 415-0024
住所 静岡県下田市四丁目8-13
連絡先0558-23-2500
公式サイトhttp://www.shimoda-museum.jp/
最寄駅下田駅
最寄バス停下田開国博物館バス停
駐車場乗用車30台
バス7台
料金大人¥1,200円
子供¥600円
営業時間8:30-17:30
定休日年中無休(臨時休館有り)
その他-