【西伊豆】静岡・西伊豆町の“伝統食材「鰹」”が大学生の知恵でアイスクリームに

概要

東海大学の静岡キャンパスで活動するスチューデントアチーブメントセンター「商品開発プロジェクト」がこのほど、静岡県西伊豆町田子地区で製造されている伝統食「潮鰹(しおかつお)」を使った新商品「クールに潮カツオくん」(キャラメルアイス)を開発。7月24日から販売が開始されました。

「潮鰹」とは鰹を長期保存するために、高濃度の塩に丸ごと漬け込み乾燥して製造される塩蔵品です。

「正月魚(しょうがつうお)」とも呼ばれ、縁起物として神棚へ供えられてきました。

かつては日本全国で製造されており、江戸時代には庶民の間でよく食べられるほど親しまれていました。

しかし、食生活や保存方法、健康志向の変化によりその姿を消してしまいました。現在では西伊豆町でしか製造されていません。

古来より縁起の良い食として、航海の安全と豊漁豊作を祈願して、ワラで飾りをつけた「潮鰹」をつるし、神棚にお供えをする風習が残っているのはこの地だけとなります。

商品は西伊豆町内で潮鰹の製造に取り組み、アイスの原材料の提供を受けたカネサ鰹節商店と、同町が運営する海産物や農産物の直売所である「はんばた市場」の2カ所で、1個270円で販売しています。

24日にはプロジェクトメンバーがはんばた市場の店頭に立ち、買い物客や観光客に向けて商品をアピールしました。

担当リーダーの高木海さん(海洋学部水産学科3年次生)は、「本格的に暑くなる夏に向けて急ピッチで開発に取り組んできました。

試作ではバニラやチョコレートなどさまざまな味を試しましたが、もっとも塩鰹の風味に合い、商品のターゲットである子どもたちに喜んでもらえるキャラメル味に決まりました。

カツオの風味や塩味も残すことで、伝統食である潮鰹についても多くの人たちに知ってもらえるのではないかと思います」と語ります。

運営者のつぶやき

運営者:遠藤駿

西伊豆の特産品「鰹」がアイスクリームなるなんて考えもしませんでした!笑

西伊豆は潮鰹が有名で、カネサ鰹節商店さんはうちの実家の味噌汁の出汁で使わせて頂いております。

ちょっと勇気はいるかもしれませんが、ぜひ食べてみて下さい!

関連情報

伊豆西
【土肥】伊勢海老祭り
開催日:2022/10/1〜2022/12/20