ラーメン「麺屋しずく」(Shizuku)

ラーメン「麺屋しずく」(Shizuku)

伊豆観光情報

名称ラーメン「麺屋しずく」(Shizuku)
郵便番号 410-2323
住所 静岡県伊豆の国市大仁591
連絡先-
公式サイトhttps://twitter.com/girpwoolwoaidpf
最寄駅大仁駅
最寄バス停-
駐車場近隣に5台
価格帯1,000円~
営業時間土日月
11:30-14:30
火水金
11:30-14:30
17:30-20:30
定休日木曜日
その他-

コメント

遠藤 貴光

お勧めラーメン店を発見!

伊東のラーメン屋に行こうとしたら、なにせ土曜日だから縦貫道が混んでいまして、急遽、伊豆市界隈で探していると、私の好きなタイプのラーメン店を発見。

基本的に口コミ件数が少なく点数の良い店は、やらせの可能性もあるので信用していませんが、写真を見て行って来ました!

大仁駅の真ん前だったのですが、こんなところにラーメン屋が出来たとは知りませんでした。

店頭の垂れ幕には「泡系ラーメン」と書いてあり、なんだこれ?と思いつつ、そもそもアレンジはベースが美味しかった場合には良いのですが、子供だましになっている事も多いので、とりあえずパスしました。

最初なので、私の好きな中華そばタイプの「琥珀中華Soba(醤油)」を注文する事にしました。妻は同じく「琥珀中華Soba」の塩を注文。

土曜日の昼時でしたが、店内は思ったより空いていまして、店内の写真も取れる様な状態でした。流行っていないのか・・・と思いながらメニューを見ると、グランドオープンからメニューが変わっていないらしく、テプラかなんかで「プレオープンは終了しました」と貼ってある。

それで、いつオープンしたかを聞くと、昨年(2021年)6月15日にオープンしたとの事。それからメニューを変えていない様子で、外の垂れ幕も、値段の部分を切り貼りをしていて、味とは関係ないかも知れませんが、マーケティングの視点ではかなりのマイナス要因です。

美味しいだけにもったいない!

待つことなく、オーダーした「琥珀中華Soba」が運ばれてきましたが、不安を払しょくする様な見た目です。白い器に上品に細麺と低温調理されたチャーシュー、色どりのある小さな粒々(多分五色あられ)と玉ねぎが乗っています。

ただ、スープの濁りが気になりましたが、明らかに女性が好みそうな雰囲気です!

早速、写真を撮って食べてみると、一口目から「鯛」が口の中に広がります。もしかしたら麺にも練っているのかもしれませんが、魚介の出汁が効いています!

そして、深い所に貝の出汁を感じるのですが、「ハマグリ」では無さそうなので、多分「あさり」の出汁が効いていると思います。妻は貝出汁は分からなかったそうですが、帰りの道中でネットで確認をしたら貝の出汁を取っている記事を確認しました。

多分、濁っているのが魚介の出汁だからだと思うのですが、かなりの絶妙なバランスです。貝の出汁を使ったラーメン店も、いくつか食べましたが、お勧めできるラーメン店は本当に少ないです。

「ハマグリ」だと旨いけど原価がとんでもない事になりそうですし、「あさり」や「しじみ」だと深みが出にくいと思います。

そして、ほのかに「ゆず」も香るのですが、これも魚介のラーメンには合うし、低温調理したと思われるチャーシューも、上品な魚介の出汁にとても良く、全体的にバランスが良かったです!

ただ、伸びしろと言いますか、店主が悩んでいるのか・・・完成された感じではなく発展途上だと感じました。魚介の出汁は難しいと思いますが昇華させてほしいです。

妻も気に入ったらしくリピーター確定で、妻と私は醤油のが良いね!という事になっています。もしかしたら、若い人達には難しいかもしれません。

そもそも「泡系はどうした?」「炙りチャーシューはどうした?」という声も聞こえて来そうですが、機会がありましたらレポートしてみたいです。